A棟 アバッセタカタ専門店街

100円ショップ Can★Do

「100円だけど、いいよね!」の品揃え

キャンドゥ陸前高田店の藤村好博さんは「8000アイテム、10万点の商品を取り揃えているので、比べて選ぶことができます」と胸を張る。雑貨に不具合があったら、交換にも応じているそうだ。100円均一と言うと、昔は安かろう悪かろうと思われるところもあったが、「100円だけど良いよね、という品揃えに努めている」、と言う。

商店街が全滅した高田に新たなまちの核をつくりたいと、市役所、商業者、専門家が知恵を出し合った。その拠点となるのがアバッセだ。キャンドゥも、ここに入居することになった。
中心市街地の共同店舗に入居する利点は大きい。人が集まり賑わいができることにより、お客さんが立ち寄ってくれる「ついで買い」が期待できるからだ。震災直後の再開時にはまだ及ばないものの、仮設店舗からアバッセへの移転後、売上げも伸びたという。

人口減少や復興の遅れなど不安はあるが、中心市街地の賑わいが出てくれば、人々が出会える場、コミュニケーションの場ができる。そんな場所を提供したい。

100円ショップ Can★Do(キャンドゥ)
100円ショップ
営業時間
9:00~19:00
電話番号
0192-53-2139
定休日
1月1日

このページはふるさといわて創造協議会が県内の学生とともに実施した「アバッセたかた専門店街&図書館紹介 プロジェクト」の成果を使わせていただいております。
インタビュアー:井上博夫(岩手大学名誉教授)
インタビュー実施日:2017/12/9
アバッセたかた専門店街&図書館紹介プロジェクトによる記事はこちら